アメリカ、テキサスで不妊治療。 40代からの挑戦-只今妊活中

アメリカ、テキサスに在住してます。40代からの妊活になります。自分の日記として始めたいと思います。

子宮外妊娠と判明

11月20日月曜日、11:20からセカンドオピニオンとして検査の予約がありました。今赤ちゃんがいる場所が思わしくない場所であるため、もっとよく見える超音波で見てもらうためです。

その日の赤ちゃんはCRL 1.7cm. 178 heart beatと元気な様子だった。

あとからDrによる結果説明によると赤ちゃんは子宮外妊娠で子宮と卵管の交わる (junction) で滅多に起こらない場所に着床していて、そこの子宮壁の薄さが2ミリとものすごくうすくなっている。このままだと子宮は破裂し、子宮全摘になることもあるので、担当の先生とよくはなしあってくださいとのことでした。

私は思いもよらない結果でよく事態を把握できてませんでした。

これが起こった原因はもしかすると前回の手術で筋腫をとった時に子宮の形が変わってしまったかもしれないが (単角子宮)、一緒に写真を見ていたベテラン看護婦は、私は生まれた時から子宮の形が奇形だった可能性もあり、その後の筋腫をとる手術でひどくなったのかもといっていた。


子宮の奇形にはさまざまな種類がありますが、単角子宮とは、本来左右対称であるはずの子宮が、右半分か左半分かのどちらかしかない状態のことをいう。

 

でも以前 子宮卵管造影検査をしたとき何も言われなかったので、違う気もする。この奇形についてわ、そんなに気にしなくてもいいかも。

会社に戻るため車を運転していると担当のDR. Bから電話があり、今回は元気な赤ちゃんだが諦めて早く手術するようすすめられ、手術ができる先生を探すとのことだった。

 

私はその時点でもまだ事の大きさにきづいておらず、仕事に戻った。

また、Dr.Dから電話があり、今日emergency の担当が若い腕のいい先生なので今日手術を進めるとのこと。私は手術するなら、経験のある先生がいいので、前回手術してくれた先生に一度連絡してみると言った。その先生に連絡したが、空きがなかったので、とりあえず旦那ちゃんに連絡して状況を把握してもらうよう、DR. Bのオフィスに連絡をしてもらった。

わたしはその間に今日の手術をするかもしれない先生の職歴などを調べて、なかなかいい先生であることを知った。

私の時点で三時前だったので上司に説明して1時間前に家に帰った。

 

ソノグラムの日

今日は11:45分からソノグラムの予約が入ってました。昨日赤の鮮血で少し多めの出血があったので、とうとう流れてしまったかと思ってましたがすぐ止まりました。今日はどうなってるんだろうと思ってましたが赤ちゃんはまだいてくれました。すごい生命力を感じます。

 

絨毛膜下血腫はまだあり、大きさは2.1x0.7センチで小さくなってたものの、どうもその出血はpregnancy sac、 おそらくに胎嚢(GS ; Gestational Sac)からでているとのことでした。 胎嚢は赤ちゃんの入っている袋です。

 

胎芽 (多分英語でembryo)とは、赤ちゃんの胎児以前の状態です。胎嚢に包まれた胎芽は、すぐそばにある卵黄嚢から栄養を受け取ります。胎芽とは、赤ちゃんの胎児以前の状態です。fetusが胎児になります。8週目から、胎芽から胎児になります。もうすぐだなー

 

 CRL(胎芽の頭殿長)は、12mmで7週間3日の妊娠です。最終月経始まりから数えると、今日は7週と6日なので、3日のズレに縮まりました。4日前の月曜日は、6.7ミリで先週の金曜日は6.5ミリだったので、前回からすごく大きくなりました。 york sacは4.1ですが先生いわく、大きくなっても5mm くらいまでなので問題ないと言ってました。york sacは卵黄嚢(らんおうのう)といい、 卵黄嚢とは、赤ちゃんのための栄養袋です。 胎盤が完成するまでの赤ちゃんは卵黄嚢から栄養をもらい成長しています。 卵黄嚢は胎盤の成長とともにサイズが小さくなるそうです。

 

ただ赤ちゃんのいる場所が子宮口 cavityのすごいdeep  downらしく、スクリーンで見てもすごい下のほうにいて、子宮の形が変形してるかもと言われました。

 

先生はセカンドオピニオンをもらうため、来週の月曜日に違う先生にソノグラムをとってもらうよう、手配しました。

 

問題ばかりだけど、赤ちゃんは頑張ってくれてます。

 

体調は今週の火曜日は休み中ずっと家でゴロゴロしていたからか、少し歩くのもしんどく、階段登ったときは心臓がバクバクなり息苦しく、しんどいので早退しましたが、昨日からまた一日一万歩、歩き出したせいか、体調が良くなりました。つわりも車を運転していると、気持ち悪くなりましたが、昨日、今日はそれもなく、昨日からもう妊娠していないのかと思うほど体調は戻りました。

 

初めて心拍を聞く

日曜日に、生理が始まったかなというくらいの多めの出血があり、すぐ止まったものの、昨日月曜日お昼の1:30に予約をとり、ソノグラムをうけました。

 

胎嚢がもうなくなってるのではとおそれていましたが、ちゃんとまだあり、心拍もちゃんとありました。ただ胎嚢 (York sac)が、全然大きくなっていなくって、大きさは前回11/10、金曜日の4.9ミリのままで、その前の11/8水曜日は3.2ミリとほとんど大きくなっていないです。CRLは6.7ミリで先週の金曜日の6.5ミリからほぼ変わらずでした。普通は一日一ミリくらい大きくなるはずなのに。。。

 

ただ、嬉しいことは初めて赤ちゃんの心音を聞きました。そして140 heart beatとまずまずの速さであることに先生も驚いていました。

 

絨毛膜下血腫 ができていて、先生いわく結構大きな大きさで、横3.4センチ 縦1.6センチの大きさでした。出血してるのはこのせいらしい。別にベッドレストを言われたわけではなく、ただ今日のWacoのtripは、余りオススメできないといわれたのでいかないことにしました。この妊娠が続くとは思えないけど、今やれることはやろうと思いました。私のお腹の赤ちゃんも一生懸命がんばってるんだから。

今日は、会社に来る時の運転中、かなりの気持ち悪さがありました。基礎体温も37.05だったのでまだまだ妊娠の症状はつづいています。

 

昨夜は旦那さんに沢山愚痴を言いました。まだ30代始めの頃は、うちの旦那さん子供はいらないといって、子作りに参加してくれず、その間に年をとって今更欲しいといわれても、遅すぎる。私たちに子供がいないのはあなたのせいだと。。。。精神的にもいっぱいいっぱいです

 

心拍弱まる

一昨日の水曜日、お昼頃、うっすらピンクの出血があった。その後は、茶色の出血で、生理の始まりのような少量の出血になって。右の卵巣も痛くなったため、病院に連絡した。卵巣の痛みは右から排卵があったので、まだはれているかもとのこと。出血は、すぐ止まったが、次の日も少しだけうっすら出血があり、今日、金曜日にソノグラムを受けに行った。

大きさは前回の3.24ミリから4.9になり、CRMは6.5で六週間と三日。ただ、心拍が弱くなっていて、今週末どうなるかわからないと言われた。

胸がはってて、基礎体温が37ド超えている以外、つわりなどもなかったが、今日病院に運転しているとすごく気分がわるくなり、つわりかなーっとおもってたとことだった。

心拍回復することはあるのだろうか?

成長も遅い気がする。通常、一日一ミリは大きくなるとどこかに書いてあった。

ダメかもしれないので旦那さんに内緒にするつもりが、今日車の中で気持ち悪くなり、打ち明けてしまった。どうしてすぐにゆってくれなかったんだと、言っていた。またダメだったというのが凄い嫌だったからだ。

でも、打ち明けたおかげで、今日は洗い物全てしてくれました。

出血と腹痛

今日お昼頃薄いピンクの出血が少しあり、次にお手洗いに行くとうす茶色に変わっていて、生理の時の始まりのような量になったため大変心配して、病院に連絡しました。同時に右腹の卵巣辺りが少し痛くなってきました。この辺は恐らく妊娠してからちょくちょく痛みがでていたのですが今日は痛み三ぐらいはありました。その後お手洗いに行くと出血はとまっていたので少し安心。今日は家で安静します。今週の金曜日にまた病院戻ってそのグラムをしてもらいます。

まさかの妊娠

Frozen transfer の準備でずっとルプロンという注射をうっていて、うち初めてずっと胸がはっていたので、今回生理が遅れていても妊娠してるなんて思いもしませんでしたが、自然妊娠してました。今回は数少ない、右側の排卵だったんですね。排卵は十月十日で、その日からルプロンを使い始めたけど、実際の排卵は15日くらいだったもよう。先週の金曜日にソノグラムをとって、すごくちいさいのと、六週目なのに心拍がまだ確認できないので、bad pregnancyかもと言われ、次の検査で成長していなければ、薬で流すか決めましょうといわれました。以前に三回も流産してるので、まただめだろうと次のトランスファーのことを考えてました。今日ソノグラムを受けると小さいものがピクピク動くのが見えました。先生曰く、ピクピク動いてるの見える? 昨日ぐらいに心臓ができただろう、とのこと。君は妊娠六週と四日だけど、実際は五週と六日の妊娠の大きさと言われました。今回で妊娠四回目だけど初めて心臓が動いてるのを見ました。感動しました。どうなるかわからないけど、一瞬でも喜んでいいかなと、思ってます。

Day 3 - 4回目の凍結

9/11, 今日はいつもよりすごくおそくに連絡がありました。

 

あまりに遅いので、2こともダメだったのかとすごく心配しましたが、とりあえず2ことも凍結できました。

 

ただグレイドが一つが8 cellのFairで、もう一つが6 cell のpoorと今までの最悪の結果におわりました。

新しい針治療の先生から漢方をのまされたのが、いけなかったのではと後悔です。

病院の先生は漢方ダメってゆってたのに飲んじゃった。針の先生は自信満々に大丈夫ってゆうし、前回も飲んだけど3こ凍結といい結果に終わったし、日本では漢方飲むのは普通だからやっぱり漢方飲んだ事は関係ないのか、それとも今回は二種類の漢方をだされて、先月から引き続きのegg qualityをあげるのんと、もうひとつはhormone balanceを整えるやつで、これを飲むか飲まないがすごく悩んだけど、針の先生がのめってゆうから、飲んだけどやっぱりやめといたらよかったと嘆いても時遅し。まー仕方がない。

 

これで合計9この卵が凍結されました。

それにしても今回術後の痛むがひどく週末は寝たきりでした。今日もまだ痛いです。